記憶術

記憶術というものがあります。

記憶術は古代ギリシアの時代からある方法で、日本では忍者が記憶したことを忘れないように小刀で指を傷つけながらその痛みとともに覚えたそうです。


学校の勉強や受験勉強でいちいち小刀で傷を付けていたのでは、両手の指が傷だらけになってしまいますね。


そこで考えられているのがイメージによる記憶法です。

記憶する名前や数字を何か他の物やなどに置き換え、頭の中に鮮明なイメージとして記憶させる方法です。

日本では渡辺剛彰氏のワタナベ式記憶術というのがありますね。

>>一発逆転!ワタナベ式記憶術


実はわたしもこのワタナベ式の通信教育を習ったことがあります。この記憶術をマスターするにはある程度の練習が必要になってきますが、完全に習得すると一夜漬けのテストやスピーチにも応用できます。

ただ、やはり勉強は理解しながら進むのが一番ベストな方法ではないかと思うので、丸暗記というわけではなく理解しながらどうしても覚えなければならない人物名や地名を覚えるのに使うといいかもしれませんね。



同様に最近では「川村明宏のジニアス記憶術」「藤本憲幸の「超」記憶術」「つがわ式記憶法」なんていうのがあります。

それぞれ右脳の特性を利用した記憶法のようです。

川村明宏のジニアス記憶術でははじめに右脳の回転を良くするトレーニングをしてから記憶の方法を学んでいきます。

それぞれの特徴はあると思いますが、自分に合った記憶術をマスターするのもあなたの人生で役に立っていくかもしれませんね。


>>川村明宏のジニアス記憶術を見てみる


その他参考サイトはこちら
暗記法で単語を覚える
医学部合格のための受験対策
記憶術のおすすめは
posted by memomemo at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暗記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック